「君が振り返る。とても眩しいと思った。」

作品情報

タイトル

君が振り返る。とても眩しいと思った。

あらすじ

19時40分。仕事帰りの君を見つける。
君はいつも19時53分発の電車に乗る。駅に着くまでの10分間、君の後ろをついていく。
知り合いになりたいわけじゃない。まして、好きなわけじゃない。
ただ、つけていた。
いつの間にかの僕の習慣。

スタッフ

完全なスタッフ一覧は本編エンドロール参照

出演:川口行洋、舟木愛由、佐藤武尊、吉田鈴香、中村美紅
撮影:渡辺和希
音声:中村美紅
照明:佐藤武尊
記録:吉田鈴香、佐藤武尊
メイク:野嶋菜央
美術:渡辺和希
車両:後藤翔太郎
音楽:Haniwa(https://www.nicovideo.jp/mylist/44470671)、Keido Honda(https://dova-s.jp/bgm/play5423.html)
効果音素材:OtoLogic(https://otologic.jp/)※旧Music is VFR、効果音ラボ(https://soundeffect-lab.info/)
脚本:渡辺和希
脚本協力:川口行洋、中村美紅
監督:渡辺和希

製作年

  • 2018/7~8頃
    脚本執筆

  • 2018/8~12頃
    撮影
  • 2018/9~12頃
    編集
  • 2019/3/27
    YouTubeでの公開

評価

受賞歴

第8回関西学生映画祭入選。

第8回関西学生映画祭 実行委員による講評

【良かったところ】
タイトルの見事な回収。ラストシーンまでは正直、ストーカーの行動の気持ち悪さが気になって気になって仕方がないのだが、それをも踏み台として迎えるラスト。身勝手なストーカーの気持ち悪さに嫌悪感を抱く人もいるだろうが、そんな彼に起こる悲劇をみると、嫌悪感が吹き飛ぶ不思議。

【良かったところ】
台詞の少ない演出がよかった。男の人のオドオドした感じやちょっと気持ち悪い感じがすごくよかった。

【良かったところ】
結末は読めたがラストシーンにインパクトがあった。

【良かったところ】
光の使い方が印象的。

【気になったところ】
特にはない。主人公が財布を渡さずに真っ先で自分で確認するシーンなど、人によっては嫌悪感を抱いてしまう場面は、もう少し、主人公のためらいや環境による障害として描けば、多くの人に共感してもらえる作品になるのでは、と思ったが、監督自身が、それを望んでいない気もするので問題なし。

【気になったところ】
ところどころワンショットが初期映画並みに長いところがあって退屈した。

第8回関西学生映画祭 当日アンケート感想より

タイトルとラストシーンの余韻が皮肉っぽくて良いです。

男の一連のストーカー行為にどう落とし前をつけるのか、ソワソワしながら見ていたが、上手くできすぎたオチに笑った。

セリフがなくても何をしているかが分かりやすかった。

暗い道のシーンもとても明るく撮れていた。エンドロールが素晴らしい!

もともと無音映画を撮ろうと思っていたのかが気になる。

天罰なのか。

セリフがあまりないのが斬新だった。セリフがない分、環境音が丁寧にとられていると思った。

ラストで「なるほどな~」となった。全然しゃべらず、映像で物語を見せていてすごいと思ったし、それにも関わらず飽きることがなかった。

セリフなしで映像で物語がしっかり出来上がっているのがスゴイ。

ちゃんと悪いことをしたら罰が下るんですね。そのあたりのさじ加減が絶妙でした。エンディングがカッコいい。傘を握るカットはやりすぎなような気がします。なくても感情は伝わると思います。

ニコニコ動画 コメントより

haniwaさんの曲!

ストーカー?

漁るなよ!

持ってかないの?

変態?

この作品に関する記事一覧

「君が振り返る。とても眩しいと思った。」
君が振り返る。とても眩しいと思った。【自主制作映画】 作品情報 タイトル 君が振り返る。とても眩しいと思った。 あらすじ 19時40分。仕事帰りの君を見つける。君はいつも19時53分発の電車に乗る。駅...
関西学生映画祭で渡辺の映画が上映されます
昨年作った「君が振り返る。とても眩しいと思った。」という作品が上映されます。 関西学生映画祭 関西学生映画祭は、関西圏の学生が実行委員となり運営されている映画祭です。学生自主制作映画の応募を全国から募り上映されます。 今...

コメント

タイトルとURLをコピーしました